最近の気になる加湿器事情は?

|

加湿器というのはたくさんのメーカーが作り、売っていますが、各メーカーで方式が異なります。


それぞれのメーカーごとに特色があるので、加湿器を絞り込む場合に参考にしましょう。


近頃の加湿器は、メイン機能が加湿から空気をきれいにすることへと変化しています。


空気清浄機能付き加湿器と呼んだほうが、普通は親しみがあるかもしれません。


ここ何年かのヒット商品といえば、シャープが提供する「プラズマクラスター空気清浄機能付き加湿器」です。


加湿機能は優れており、プラズマクラスター機能が空中に浮遊するウイルスや菌を除去できます。


タンクのサイズは大きく掃除しやすいのが特徴で、大きな部屋でも問題なく使えます。


1日中継続的に利用してもかかる電気代は5.1円と、省エネ家電としても申し分ありません。


センサーが4つ付属していて、温度や湿度、またホコリやニオイを認識して、部屋の中の状態にちょうどいい運転をする仕組みになっています。


21畳を限度に効果を得ることができ、空気清浄と加湿の機能をスタートさせてからおよそ8分で部屋の状態を整えられます。


加湿器の中では大きめとなりますが、簡単に動かせるようにキャスターがセットされていると共に、タンクの扱い方で不便さを感じることがありません。


相当に人気を呼んでいる加湿器なのですが、何か難点を挙げるとすれば、タンクへ水を注入するのが困難だということでしょう。


深めのタンクになっているため、シンクに置いて水を注ぐのは厄介だといった使用者から不満の声も出ています。


これ以外では概ね評価が良く、タンクの口が広いことで手を用いて十分に洗浄が行える点も人気があります。


加湿器が持つ機能は新しいものが発売されるごとに向上しているため、こまめなチェックが必要です。