どんな種類の加湿器があるの?

|

加湿器はどれを使っても違いはないと思い込んでいませんか。


加湿器はそのタイプによって4つ存在しており、加湿の方法が全く違います。


第一に、一般的な加湿器と位置づけられるのが加熱式の加湿器です。


熱くなった蒸気を生じるタイプのもので、迅速に加湿効果が得られるのが魅力です。


加湿をするためには水を入れるだけでよいですし、熱い蒸気が出ることで室温も上昇するのがよい点です。


とはいえ、電気の消費量が多いのと蒸気の吹き出し口が高温化するため、子どもが幼い家庭では警戒する必要があるということが厄介です。
あとは、水垢を落とす手間がかかるのも欠点に数えられます。


気化式タイプの加湿器は、熱を発しないので子どもがいる家でも不安を感じずに用いることができますし、電力の消費量が多くないのがありがたい点です。


長時間用いたい人にふさわしい商品です。


水分を浸透させたフィルターが風を受けることにより部屋の中の湿度を高くしますが、パワーが強くないことから即効性に優れていないのが難点と言えるでしょう。


加熱する方法と気化させる方法両方の弱点を補うタイプが加熱気化式というタイプの加湿器になります。


ハイブリッド式とも呼称され、普段においては気化式で水分を浸透させたフィルターに風を送り、加湿したいときに温風を送ります。


短時間で加湿可能ですし、使う電力も少なく済むため、このモデルがたくさん出てきています。


超音波式の方法をとる加湿器も非常に多くの人たちから評判の良い商品です。


このようなものはデザインにこだわった加湿器に多く見られ、微粒子状に変化した水をファンで撒くといった仕組みです。


小型でデザイン性が高いものが多く、電力をくわないのにしっかり加湿できるのが魅力で、衛生面で気をつけなければいけないのが欠点です。